絵手紙を楽しんでいます。和歌山電鉄貴志川線絵手紙電車のお世話をしています。


by たーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

手のひらに太陽を

手のひらを太陽にすかしてみれば~♪ 

手のひらを太陽にじゃないよ。
手のひら太陽つかまえてみよう
手のひら太陽のせてみよう
手のひら太陽招いてみよう
今年は梅雨明けが早く関東方面は梅雨明け宣言があったらしいが、まだまだらしい。
最近の天気は本当に異常だね。

e0320916_10432569.jpg

e0320916_10432057.jpg



[PR]
# by tadao1942 | 2018-07-04 11:07 | 絵手紙 | Comments(0)

甘い誘惑

パイナップルは鳳梨と書くらしい、パイナップルが早く食べてくれとおいしそうな香りを漂わせています。
この甘い香りに誘われて、早速包丁を入れ妻と二人で一個を平らげた美味かった。
こんな甘い誘惑はいいが、若い人には恋の誘惑、高齢者には詐欺まがいの甘い誘惑、ダイエット中の人には美味しさの誘惑などいろいろあるが、常に甘い誘惑には気を付けよう




e0320916_16155873.jpg


e0320916_16155320.jpg

[PR]
# by tadao1942 | 2018-06-27 16:19 | 絵手紙 | Comments(0)

初めての体験

京都祇園の芸妓冨菊さんの100歳を祝って催された「京舞を見る会」に呼んでいただき、冨菊さんの三味線と唄で芸妓豆まるさんと舞妓豆沙弥さんの舞を鑑賞しました。
100歳で見事なバチさばきと艶のある声で唄う冨菊さん、艶やかに舞う芸妓豆まるさんの「黒髪」初々しい舞妓豆沙弥さんの「夏は蛍」にうっとりとしてしまいました。
続いて二人で舞う「祇園小唄」は、唄に出てくる「祇園恋しや だらりの帯よ」のフレーズがピッタリの舞姿でした。
憧れの地祇園で優雅なひとときを過ごすことができ、100歳にあやかって何年分か寿命が延びました。

100歳で矍鑠
(かくしゃく)と三味を弾き唄う冨菊さん
e0320916_20000443.jpg

「黒髪」を舞う芸妓豆まるさん
e0320916_20002894.jpg

e0320916_20002817.jpg
「夏は蛍」を舞う舞妓豆沙弥さん
e0320916_20404011.jpg


e0320916_20002835.jpg
二人で舞う「祇園小唄」
e0320916_20003074.jpg


e0320916_20003039.jpg
ああ命の洗濯ができました。明日からがんばろう



[PR]
# by tadao1942 | 2018-06-23 20:52 | 全体 | Comments(0)

人生迷路ばかり

キャベツをかいているうちにグニャグニャ線がややこしくもつぼれてきた(分かるかなぁ?)
いかにも迷路のようだ。
四十にして不惑と言うが、後期高齢者になっても迷いの多い私です。


e0320916_08180459.jpg



[PR]
# by tadao1942 | 2018-06-16 08:36 | 絵手紙 | Comments(0)

梅雨を楽しむ

今年の梅雨は雨と晴れ間とがはっきりしているようだ。
庭のアジサイが少し水が切れて雨を待っているように横を向いている。
その後雨を迎えて生き生きと梅雨を楽しんでいるようになった。
e0320916_08174029.jpg


e0320916_08174900.jpg

[PR]
# by tadao1942 | 2018-06-16 08:24 | 絵手紙 | Comments(0)
伊勢での全国大会に参加し、多くの仲間と楽しい時間を過ごしました。
実行委員の皆様、出会った皆さんありがとうございました。
オプショナルツアーで参加した大王崎では昭和2年に設置された22mの灯台にのぼり雄大な太平洋を一望、
東側の荒々しい岸壁に立つ灯台を眺め、西側の絵かきの像がある公園から眺めスケッチしました。
人生の航路をこのような灯台が照らしてほしいものですね。
e0320916_10251506.jpg


e0320916_10252059.jpg

[PR]
# by tadao1942 | 2018-06-04 10:28 | 絵手紙 | Comments(0)