絵手紙を楽しんでいます。和歌山電鉄貴志川線絵手紙電車のお世話をしています。


by たーさん
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:絵手紙( 260 )

春だ!

一気に暑いくらいの陽気になった。
先日来、粉河とんまか雛通り、泉佐野タオル筆絵手紙コンクール、
岡山の今井洋子先生の「小さな点」など連日出歩くことが多かった。
各地では桜の満開情報が発表され、にぎやかな花見風景が報道されている。
我が家周辺の田んぼの畔にちらほらとレンゲの花が見受けられる。
一面ピンクのレンゲ畑は最近見られなくなって寂しいですね。

e0320916_13454456.jpg

e0320916_13454863.jpg

e0320916_13455289.jpg



[PR]
by tadao1942 | 2017-04-04 13:48 | 絵手紙 | Comments(10)
粉河とんまか雛通り絵手紙コンクール表彰式に続き泉佐野タオル筆絵手紙コンクールの表彰式が終了した。
全国各地から出席された多くの絵友やFB仲間などと会うことが出来、楽しい日々であった。
各地で桜の開花宣言があり春本番を迎えました。
我が家には桜がなくボケの花が咲き誇っています。
木瓜だよ「呆け」と違うよ。こうならないために絵手紙に励むことにしよう。

e0320916_18405930.jpg
ツバキの花が一隅を照らしているように見えて
最澄の言葉「照干一隅此則国宝」を思い浮かべた。
e0320916_18401488.jpg


[PR]
by tadao1942 | 2017-03-29 18:53 | 絵手紙 | Comments(10)

FMラジオに初登場


先週のこと突然地元のFMはしもと放送から「毎週水曜日の10時から13時まで、「ラジオdeブランチひとみ&由紀」という番組の中の地域や世界で活動するゲストをお迎えしてのトークコーナーへ出演してほしい。」との電話をいただいた。
「えっ私が何を話すんですか。」
「絵手紙についてなんでもいいから話してください。」とのこと。
自信はなかったが、まあ何とかなるだろうと引き受けることにし、本日放送局へ行ってきました。
地域に密着したFM局、マイクロフォンのほかいろいろな機材がおかれた小さなスペースにパーソナリティのひとみさんと対談形式での進行。大体話すことはメモしてきたが秒針に追われながらのトーク、緊張したね。
日本絵手紙協会の絵手紙のススメ、絵手紙の楽しさ、老若男女が親しめる趣味であること、地域でのグループ活動などまずまずの出来で話せたと自負しています。
これで絵手紙ファンが少しでも増えてくれればありがたいですが果たしてどうでしょうか。
ガラス越しに写していただいた写真、ちょっと見にくいね。ほんとはもっと男前だよ。

e0320916_19454200.jpg
e0320916_19453654.jpg


[PR]
by tadao1942 | 2017-03-08 20:23 | 絵手紙 | Comments(18)

春の足音が

温かい春の陽射しが感じられたと思ったらまた寒くなった。
三寒四温ってうまくひょうげんしたものだとつくづく思う。

雪柳が芽を吹き、キンポウゲがキラキラと陽に光っています。

e0320916_14573785.jpg

e0320916_14574138.jpg



[PR]
by tadao1942 | 2017-03-07 14:59 | 絵手紙 | Comments(2)

和歌山トップウエルネス教室の「絵手紙で逢いましょう展」が今日から始まりました。
初日から大勢のご来場いただいています。
期間:2月23日~3月2日
場所:トップウエルネス和歌山(和歌山市北出島1-5-8 スーパーイズミヤ前)

e0320916_21044848.jpg
e0320916_21132796.jpg
e0320916_21133780.jpg


[PR]
by tadao1942 | 2017-02-23 21:16 | 絵手紙 | Comments(4)
粉河とんまか雛通りの絵手紙展示が始まっています。
全国から多数のご応募をいただきましてありがとうございました。
我が家のお雛さまはこんな姿でひな壇に飾られています。
レモンと大根をたくさんいただきました。
店頭に並んでいるピカピカに磨かれたものではなく
あばたやえくぼのたくさんある手作り感満点の新鮮なレモンです
e0320916_20200440.jpge0320916_20164069.jpge0320916_20163792.jpge0320916_20154802.jpg
[PR]
by tadao1942 | 2017-02-22 20:45 | 絵手紙 | Comments(0)

チョコっとうれしいな

今日はバレンタインデー チョコレートをたくさんいただいた。
こんな風習は若いころにあったかなあ。
それとも自分は全くもてずに、ただもらえなかっただけなのか?
今頃になってたくさんのチョコもらえるようになった。
若いころにこんな風習があればまだまだたくさんもらえていたはずだ。(ホント?)
本命でなくギリギリで十分だ。いくつになってもうれしいものです。ありがとう。

e0320916_19491247.jpg

[PR]
by tadao1942 | 2017-02-14 19:58 | 絵手紙 | Comments(1)

稲むらの火の館

尋常小学校の国語読本に取り上げられて有名な「稲むらの火」(尋常小学校へ行っていない読者は知らないかな?)で知られる浜口梧陵記念館へ行ってきました。
安政の大地震(1854年)で津波襲来時に我が家の稲むらに火を放ち、村人を高台に誘導して多くの命を救ったという有名な話です。
和歌山県有田郡広川町の浜口五兵衛の実話は小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が著した「A Living God」の作品に紹介されており、この時にTsunamiという言葉が使われており、これがもととなって「tsunami]が世界語として使われるようになったとのことである。
小泉八雲がこの話を作品にしていたことは地元和歌山県にいながら初めて知り驚きました。
この故事をもとに10月5日が「世界津波の日」と制定されました。

e0320916_22001026.jpg
e0320916_22001854.jpg

[PR]
by tadao1942 | 2017-02-08 22:08 | 絵手紙 | Comments(3)

鬼さん一家の会話

寒い寒いといいながらも春が近づいているのか、節分を控えて鬼さん一家の会話が聞こえてきました。

かわいい子鬼が暴れん坊の親父に尋ねています。

e0320916_15434006.jpg
この親父は相当の暴れん坊で嫌われ者です。
さて今年はどこへ行くことやら。

e0320916_15433652.jpg
一方では寒がりの母鬼と子鬼が話しているのが聞こえてきた。
どうもこの母鬼は寒さに弱いのか、出かけるのが億劫らしい。
それとも人間社会が怖くて出かけるのがイヤなのか。

e0320916_15433169.jpg
e0320916_15432642.jpg
一方別室では年頃の若鬼が鏡の前で自分の顔に見いっている。
どうも美女のいる家を狙っているらしい。

e0320916_15432158.jpg
一昨年の鬼の様子は⇒こちら をクリックしてください。
昨年の鬼の家族は⇒
こっち をクリックしてください。


[PR]
by tadao1942 | 2017-01-27 10:47 | 絵手紙 | Comments(8)

女性には送れない絵手紙

豪雪地域にお住まいの皆さんお見舞い申し上げます。

これは男性あてにかいた絵手紙ですが、女性に送ったら嫌われそう!

しわが増えたのは干し柿のほうなのに「あなたのしわ」と受け取られたら大変。


e0320916_15194248.jpg


e0320916_15193950.jpg
[PR]
by tadao1942 | 2017-01-16 15:30 | 絵手紙 | Comments(8)